CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
OTHERS

わくわくドキドキ農業体験 国分牧場

埼玉県東松山市にある国分牧場で農業体験教室を開設します。植え付け&収穫&料理を通してわくわくドキドキの体験をしませんか?家庭菜園を始める前の入門に、子供に食の大切さを教えたい方、土いじりを通してリフレッシュしたい方、是非お越しください。ブログで作物の状況も報告したいと思っています。
<< カモミールがすごい! | main | 農業体験募集!『じゃが芋収穫体験&スネ肉等を使ったビーフカレー作り』 >>

国分牧場「新たまねぎ収穫体験&玉ねぎ料理体験」開催しました

2018.5.20(日)快晴

国分牧場「新たまねぎ収穫体験&玉ねぎ料理体験」開催しました。
今日は最高の天気でしたが、湿度が低くカラッとして過ごしやすい一日でした。

 

今回は総勢70名と大人数なので、10人ずつぐらいに分かれて調理体験を。

 

玉ねぎを切っていきます。

玉ねぎを切る際に涙が出るのは、切った時に発生する硫化アリルが原因の様です。
硫化アリルは健康効果が高く、血液をサラサラにしたり
疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を促すそうです。

切る前に冷蔵庫で1時間冷やしてから切ると良いそうです。

右利きの人は、右足を半歩後ろにひいて、包丁を軽く握り
脇を締め背筋はすっと伸ばし包丁を斜め下に30度の角度で押し出すと
玉ねぎの細胞を壊さずに切れるようです。
こうすると催涙成分の発生を抑えることができるようです。

 

 

つづいて牛肉を切っていきます。
こちらは前バラのブリスケという部位です。
とっても味が良いのですが、硬い部位です。
薄くスライスして使うか、塊でもじっくり煮込んで使うと
最高に美味しい部位です。

 

 

最後に玉ねぎと牛肉を炒めます。

 

 

終わった方から畑へ収穫に。

9月に種まきをして、11月中旬に植えつけをし、今やっと収穫です。

玉ねぎってすごい時間がかかる野菜なんです。

 

倒伏した玉ねぎが収穫のサインです。

 

 

収穫したら根と葉を切ります。

 

 

こちら煮込んでおいた牛丼です。学校給食サイズの鍋です。

 

 

じゃじゃーん!

 

この後牛舎へ見学に。

皆さんの体は食べたものからできているので、畑の玉ねぎや牛舎にいる牛は
ある意味で、お召し上がりになる人自身だともいえます。
そういう思いを多少強く持っていただき
食べるものに気を使って生活して頂けますと説明した甲斐がありますので
よろしくお願い致します。
また次回のご参加お待ちしています。

 

 

| 農業体験 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:42 | - | - | pookmark |









http://kokubu-taiken.jugem.jp/trackback/1016