CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
OTHERS

わくわくドキドキ農業体験 国分牧場

埼玉県東松山市にある国分牧場で農業体験教室を開設します。植え付け&収穫&料理を通してわくわくドキドキの体験をしませんか?家庭菜園を始める前の入門に、子供に食の大切さを教えたい方、土いじりを通してリフレッシュしたい方、是非お越しください。ブログで作物の状況も報告したいと思っています。
<< ブラウンスイス続き | main | 「ブラウンスイス祭りと放鷹術」開催しました >>

ブラウンスイス 続き◆僻味しい牛肉を食べることが次なる美味しい牛肉につながるという循環があります)
2016.1.26(火)

今日もブラウンスイスの説明です。

今日は食べてみた感想を書いてみます。
まずはリブロースとヒレ。
ブラウンスイス

次はサーロイン
ブラウンスイス

ブラウンスイス

ご覧のとおりサシは少ないのですが
香りも良く、赤身が美味しく箸が進みます。
まったくクセがない上品な味がします。
脂も上質で申し分ない肉に仕上がりました。
とにかく美味しいです。

こんなに美味しいブラウンスイスのお肉ですが
なかなか出回らないことなどから市場性がよくありません。
市場に出荷したら目も当てられないくらいの安値で取引されます。
でも市場性がよくないだけで実際は美味しい肉なのです。
それでも結局肥育農家は高く売れない種類の仔牛は
高く買うことは出来ません。

酪農家さんでも最近はブラウンスイスなどを飼い
特徴のある牛乳や乳製品を作り差別化をしている農家さんが増えてきました。

ただし、雄が生まれた場合には仔牛はただ同然の価格でしか売れません。
酪農家にとっては雄牛を売ることも貴重な収入源になっています。

畜産業は酪農家から育成農家、肥育農家までみんな元気でこそ
持続可能な産業です。
ですので、私たちとしては市場性がよくなく買いたたかれてしまう
ブラウンスイスなどの仔牛を少しでも高く購入することで
酪農家を支援し結果的に自分たちも含めた
畜産農家が存続できることを願っています。

TPPなどを考えると海外と生産コストで対抗することは
不可能です。特徴ある取り組みをして生き残っていかなければ
日本に畜産農家はなくなり、それ一つとっても日本から多様性が
失われることになります。
国分牧場は4年前から直販に取り組んで来ました。
市場を介さないで売れる方法を身に着けたことにより
できることが増えました。
直販を社会貢献できる一つの方法として活かして行こうと思います。

皆様にお召し上がり頂くことで継続して行ける産業があります。
美味しい牛肉を食べることが次なる美味しい牛肉につながるという循環があります。

その循環の輪の中に参加してみませんか?
希少で滅多に食べられない
美味しいブラウンスイスのお肉をぜひご賞味ください!




 
| 直売牛肉 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:00 | - | - | pookmark |









http://kokubu-taiken.jugem.jp/trackback/721